「そよ風〜♪」

 

home profile gallery field note diary bbs business

 
 
植   物
  ・アメリカフウ
・カエデ
・ヤドリギ
・ポピー
昆   虫
  ・クマゼミ
・カワトンボ1
・カワトンボ2
鳥   類
  ・ハクセキレイ
水棲生物
  ・タイコウチ
・マミズクラゲ
魚   類
  ・オヤニラミ
・タイリクバラタナゴ
・タウナギ
・スナヤツメ
貝  類
  ・カワザンショウガイ
甲 殻 類
  ・アメリカザリガニ
・モクズガニ
・クロベンケイガニ1
・クロベンケイガニ2
・クロベンケイガニ3
・クロベンケイガニ4
・ハマガニ1
・ハマガニ2
・ヤマトオサガニ
   
   
アフリカフウ
アメリカフウ☆亜米利加楓(sweetgum)☆
  街路樹などでよく見かける高木落葉樹。別名「モミジバフウ」とも言われる。葉はカエデ同様、手の形をした「掌状葉」ですが分類ではマンサク科に属するそうです。もちろん真っ赤に紅葉します。種子は球形ですが写真のように栗のいがのような形をしています。又、枝からぶら下がっているように見える様がクリスマスツリーの飾りを思わせます。
 
カエデ
☆別名:もみじ☆
  秋の紅葉といえば「もみじ」♪ カエデ科の落葉低木で「イロハモミジ」「ハウチワカエデ」「オオモミジ」「ヤマモミジ」などがあります。左の写真の中央付近に羽のような形のものが二つ見えます。これは種子で、落下するときにくるくると回転しながら風に乗って落ちていきます。少しでも広い範囲に子孫を散りばめようと進化したものだと思われます。手にとって見てみると昆虫の羽根のような形をし
ています。
 
ヤドリギ
ヤドリギ☆やどりぎ☆
  別名:ホヤ,トビヅタ
  花期:冬

常緑低木の寄生木。高さ50cm、北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島、 中国大陸に分布する。エノキ、ケヤキ、ニレ、サクラ、クワ、ヤナギ、クリ、ブナ、ミズナラ、カシワ等、落葉広葉樹の大木に寄生します。寄生した木の幹に根を食い込ませて栄養や水分を摂取します。
  ヤドリギは常緑なので,冬に寄生している木が落葉したときによく目に付きます。
  子供の頃、はじめて「やどりぎ」を生駒山中でみて、「??何か大きな鳥の巣??」だと思っていました。「ここで待っていれば大きな鳥が見れるかも!」などと思ってたりなんかして・・・

      待っていなくてよかったです・・・・・(~o~)

 
ポピー

☆ポピー☆
可憐なポピーです。ちなみに左は蕾。それにしても・・・どうして花開く前はお辞儀をしているのか・・・そして・・どうしてこんなに毛深いのか。。。(^-^)

データ: ニコンF−80D AFマイクロニッコール60mmf2.8 フジRDPV 絞りf2.8半 AE
  スポット測光使用


ページのトップへ戻る

    NEXT
   
Copyright c 2006 Shinichi Yatsukawa All Rights Reserved