「そよ風〜♪」

 

home profile gallery field note diary bbs business

 
 
植   物
  ・アメリカフウ
・カエデ
・ヤドリギ
・ポピー
昆   虫
  ・クマゼミ
・カワトンボ1
・カワトンボ2
鳥   類
  ・ハクセキレイ
水棲生物
  ・タイコウチ
・マミズクラゲ
魚   類
  ・オヤニラミ
・タイリクバラタナゴ
・タウナギ
・スナヤツメ
貝  類
  ・カワザンショウガイ
甲 殻 類
  ・アメリカザリガニ
・モクズガニ
・クロベンケイガニ1
・クロベンケイガニ2
・クロベンケイガニ3
・クロベンケイガニ4
・ハマガニ1
・ハマガニ2
・ヤマトオサガニ
   
   
スナヤツメ

スナヤツメ☆
科名:ヤツメウナギ科ヤツメウナギ属
分布:北海道・本州・四国・九州(鹿児島・宮崎を除く)に分布。

スナヤツメ1
 ヤツメウナギ類は魚類より下等な脊椎動物で、「円口類」(無顎類ともいう)に属します。1対の眼と7対の穴状のエラがあり、このエラが「八つの目」に見えることから「ヤツメウナギ」と呼ばれます。又、鱗はなく、体表面から粘液を出しています。鼻の穴は頭上部に一つあるのみです。ウナギとの見分け方は、まずはこの「八つ目」、胸鰭・腹鰭がない点、口が丸い吸盤状になっている点で見分けることができます。日本には「スナヤツメ」・「カワヤツメ」・北海道の「ミツバヤツメ」が生息しています。

スナヤツメ2 環境庁レッドデータブックでは「絶滅危惧U類」に載っています。
  河川中流域の浅い平瀬や渕などに産卵します。
 同じ仲間の「カワヤツメ」は幼魚のとき海に下るが、「スナヤツメ」は陸封型で海には下りません。全長は最大20cmくらい。幼生期間(アンモシーテス幼生と呼ばれる)は泥の中に潜って過ごし、珪藻類や有機物を食べます。2〜3年間幼生期を過ごした後変態し、成魚となります。つまり4年目に変態し、それからは食べ物を一切とらず、産卵場所に移動して越冬します。そして春を迎え、5月〜6月ごろに産卵して死んでゆきます。スナヤツメを見ることができるのはこの5〜6月だけとのことです。

ページのトップへ戻る

  BACK  NEXT
   
Copyright c 2006 Shinichi Yatsukawa All Rights Reserved