「そよ風〜♪」

 

home profile gallery field note diary bbs business

 
 
植   物
  ・アメリカフウ
・カエデ
・ヤドリギ
・ポピー
昆   虫
  ・クマゼミ
・カワトンボ1
・カワトンボ2
鳥   類
  ・ハクセキレイ
水棲生物
  ・タイコウチ
・マミズクラゲ
魚   類
  ・オヤニラミ
・タイリクバラタナゴ
・タウナギ
・スナヤツメ
貝  類
  ・カワザンショウガイ
甲 殻 類
  ・アメリカザリガニ
・モクズガニ
・クロベンケイガニ1
・クロベンケイガニ2
・クロベンケイガニ3
・クロベンケイガニ4
・ハマガニ1
・ハマガニ2
・ヤマトオサガニ
   
   

クロベンケイガニ 2


☆クロベンケイガニ☆ 
イワガ二科のカニで、甲羅の幅は約3.5cm  宮城県以南及び男鹿半島に生息
クロベンケイガニ

 クロベンケイガニ6
  一匹のクロベンケイガニにご足労いただいて、恐縮ながら撮影させていただきました。泥地の石の下に隠れたつもりのようでしたが、僕にみつかり安物のプラスチックの飼育ケースに入れられてしまいました。(^-^)
  これで色んな角度からカニを観察することができます。カニが弱るといけないので、水は現地のものを汲みました。上の写真の個体と同一のものですが、拡散する光の具合と水の具合でか白っぽく見えています。


7クロベンケイガニ7 この写真をみると色の見え方の差がよくわかりますね。(^-^)

  それにしても毛深い・・・

  目と目の間の下部分に溝がありますが、これが必殺「水循環システム」の「溝」です。水がたまっているのがわかりますか?



 クロベンケイガニ8
 クロベンケイガニを裏から見てみましょう。
  この個体がメスであることがわかります。お腹の蓋のような部分が半円型をしています。これがメスの印です。
  オスであれば、この部分が三角形をしています。ハマガニのページを見ていただければ、この違いがお解かりいただけると思います。(^-^)

  この後、このカニは元居た泥地の石のそばに帰してやりました。
データ: OLYMPUS CAMEDIA C−2 デジタルカメラ
撮影地: 大阪市淀川区

ページのトップへ戻る

  BACK  NEXT
   
Copyright c 2006 Shinichi Yatsukawa All Rights Reserved